Overview fieldbus systems

フィールドバスシステム概要

ベッコフは、一般的なI/Oやフィールドバスシステムに対応した様々なフィールドバス機器を提供しています。豊富なI/O機器の品揃えによって、お客様の用途に最適なバスシステムの構築を可能にします。

EtherCAT

EtherCAT(Ethernet for Control Automation Technology)とは、イーサネットを用いた産業用オートメーションのソリューションで、優れた性能と簡単な操作を特長としています。

Ethernet

イーサネットは、オフィスなどで最も使用されているネットワーク規格です。高速データ通信、既存ネットワークの統合のしやすさ、幅広いサービスとインターフェイスといったイーサネットの利点が、ベッコフイーサネット製品でも大きな特長となっています。

Lightbus

実績あるベッコフの光ファイババスシステムです。特にEMI特性が高く、容易な敷設、確定性 (リアルタイム性)に裏付けされた高速かつ周期的なデータフローなどの特長があります。

PROFIBUS

PROFIBUSは、分散された周辺機器間の高速なバスとして広く使用されています(PROFIBUS DP)。PROFIBUS DP、FMSの他に、ベッコフはドライブ通信規格PROFIBUS MCもサポートしています。

PROFINET

PROFINETはPNO(PROFIBUSユーザ組織)によるオープンな産業用イーサネット規格です。TCP/IPなどの国際的なIT規格が通信に使われています。

EtherNet/IP

EtherNet/IPはODVA (Open DeviceNet Vendor Association)の産業用イーサネット規格です。イーサネットのTCP/IP、UDP/IPをベースにしています。

CANopen

CAN特有の利点である高いデータ機密性と複数マスタ機能を損なうことなく、バスのバンド幅を効率的に使用することで、比較的遅いデータ速度でもシステム応答時間の短縮を実現しています。

DeviceNet

DeviceNetは、センサやアクチュエータを結ぶバスシステムです。アメリカで開発されましたが、ヨーロッパやアジアで多く使われています。DeviceNetはCAN (Controller Area Network)をベースに開発されています。

Interbus

高速かつ信頼性の高いバスシステムで、簡単に構成できます。シフトレジスタ方式のマスタ/スレーブシステムが効率の高いサイクリック通信を提供します。

SERCOS interface

SERCOSは、当初ドライブ用高速光ファイババスシステムとして開発されました。ベッコフのSERCOSバスカプラによって、高速データ転送やサイクルタイムの短縮が、I/O周辺機器に対しても可能になります。

ControlNet

標準化されたオープンなフィールドバスシステムです。周期的データや非周期的データの交換を、相互に影響することなくバス上で行えます。

CC-Link

CC-Link (Control & Communication Link)は、コントローラ階層とフィールドバス階層の通信を行うオープンなバスシステムで、主にアジアで使用されています。

Fipio

FIPはヨーロッパの規格EN 50170に準拠し、WorldFIPによりサポートされています。変数とメッセージの交換を定期/不定期に行うことで、用途に応じてバス性能を調整できます。

USB

USBは、PCテクノロジの標準インターフェイスとして広く使われています。高速なデータ転送、統合されたハブによる柔軟なトポロジ、ベッコフのUSBバスカプラを利用することで、短い距離であればフィールドバスの代わりとして使用できます。

Modbus RTU

Modbus RTU は、マスタ/スレーブアーキテクチャを基本としたオープンなシリアル通信プロトコルです。全てのシリアルインターフェイスに非常に容易に実装できることから、広く使用されています。

Modbus TCP

オープンな規格のModbus TCPはイーサネットを利用したオートメーションで一般的に使われています。Modbus TCPには、いわゆる”Well known port (Port 502)”があり、インターネット経由でルーティングが可能です。.

RS232/RS485

RS232、RS485は、最も普及したシリアルインターフェイスの1つです。ベッコフのRS485/RS232 I/Oモジュールは、シンプルなシリアル通信プロトコルを使用しているので簡単に実装することができます。

AS-Interface

AS-Interfaceは、シンプルで低価格な配線方式でセンサやアクチュエータを上位の制御階層に接続します。AS-Interfaceは、国際標準であるEN 50295やIEC 62026-2に準拠しています。

IO-Link

IO-Linkは、安価なポイントツーポイント接続で、センサやアクチュエータをコントローラ階層に接続します。オープンなインターフェイスとして、一般的なフィールドバスシステムに統合できます。

DALI

DALI(Digital Addressable Lighting Interface)は、電子安定器のデジタル制御におけるビルディングオートメーション規格です。DALIは、照明、ブラインド、気温などの管理用サブシステムとして使われ、ビル管理システムと直接通信できます。

KNX/EIB

センサやアクチュエータとの接続用のローカルな2線式バスシステムKNX/EIBは、様々な機能に実装できることから、ビルディングオートメーションで主に利用されています。

LON

LON(Local Operating Network)は、複数のネットワークに対応できる分散アプリケーション用通信システムです。商業ビルの自動制御で主に使用されています。

EnOcean

EnOceanでは、開閉信号と測定値をバッテリなしで送信できます。

DMX

DMX (digital multiplexing)は、プロフェッショナル照明装置用のバスシステムです。ステージやイベントのダイナミック照明や、光や色彩を使ったビルの装飾を制御します。

MP-Bus

MP-Bus (Multi-Point)は、空調システムのセンサ/アクチュエータバスです。バルブ、窓換気システムと併せて、フラップ、体積流量コントローラを制御します。

M-Bus

M-Bus (Metering Bus)は、エンドユーザの多いビルや土地の、エネルギーメータ、消費メータ、その他の終端デバイス用に標準化されたシステムとして使用されています(EN 13767参照)。

PTP/IEEE 1588

PTP (Precision Time Protocol)は、同じネットワーク上にある機器の時刻同期を維持します。ネットワークディストリビュートクロックを同期するための標準プロトコルとして、IEEE 1588に定義されています。