ベッコフ組込み型PC CX

ベッコフ組込み型PC CX

DINレールモジュール型IPC

ベッコフのPCテクノロジとモジュール型I/Oを組み合わせた組込み型PC CXシリーズは、制御盤の中にDINレールで取付けることができます。産業用PCとハードウェアPLCの特徴をあわせもつCXシリーズは、ミディアムパフォーマンスな制御タスクに最適です。モジュール型制御システムは、制御したいタスクに合わせて柔軟に構成することができます。また、制御盤またはターミナルボックスに設置できます。

性能と価格の両面でベッコフが持つ制御テクノロジの全てをCXシステムに集約しました。CXシリーズは、本格的な産業用PCよりも低価格であるにもかかわらず、産業用PCレベルの特性や計算能力を必要とするタスクに対応できるよう設計されています。CXシステムでは使用する機器を最低限に抑えることができます。たとえば、ディスプレイやキーボードなしでCX製品を操作できるヘッドレスモードでは、関連するインターフェイスを必要としません。

 

スケーラブルな性能クラス

CXシリーズには、それぞれの制御タスクに応じた様々なプロセッサを搭載した基本CPUモジュールがあります:

CX2040:マルチコアCX、Intel® Core™ i7 CPU、2.1 GHzプロセッサ、クアッドコア搭載

CX2030:マルチコアCX、Intell® Core™ i7 CPU、1.5 GHzプロセッサ、デュアルコア搭載

CX2020:高性能CX、Intel® Celeron® CPU、1.4 GHzプロセッサ搭載

CX1030:高性能CX、Intel® Pentium® M CPU、1.8 GHzプロセッサ搭載

CX1020:高性能CX、Intel® Celeron® M ULV CPU、1 GHzプロセッサ搭載

CX5020:コンパクトCX、Intel® Atom™ CPU、1.6 GHzプロセッサ搭載

CX5010:コンパクトCX、Intel®Atom™ CPU、1.1 GHzプロセッサ搭載

CX1010:ベーシックCX、Pentium® MMX対応CPU、500 MHzプロセッサ搭載

CX9020:イーサネットコントローラ、ARM Cortex™-A8 CPU、1 GHzプロセッサ搭載

CX9010:イーサネットコントローラ、Intel® IXP420 XScale® テクノロジ、533 MHzプロセッサ搭載

CX9000:イーサネットコントローラ、Intel® IXP420 XScale® テクノロジ、266 MHzプロセッサ搭載

CX8000:ベーシックCX、ARM9 CPU, 400 MHz プロセッサ、統合フィールドバスインターフェイス搭載

CPUの他にも、様々なシステムインターフェイスと電源ユニットを搭載したCX製品があります。組込み型PCは、関連I/Oインターフェイスを介してベッコフバスターミナルとEtherCATターミナルをI/Oシステムとしてサポートしています。

 

機器

CX2000シリーズのモジュール幅は22 mmまたはその倍数、その他のCXシリーズ製品ではシングル(19 mm)またはダブル(38 mm)で、一列に接続できます。CX20x0、CX10x0シリーズの基本ユニットには、CPUモジュールと電源モジュールがあります。CX8000、CX9000、CX9010、CX9020、CX5010、CX5020は、CPUと電源が1モジュールに統合されています。CX製品によっては、システムインターフェイスを増やすことでコントローラを拡張できます。マスタまたはスレーブとして、PROFIBUS、CANopen、DeviceNet、SERCOSインターフェイスやLightbusとフィールドバス接続できるオプションのモジュール製品もあります。

CX8000とCX5000シリーズのシステムインターフェイスは、他のCXシリーズ製品と異なり、固定で拡張することはできません。CX5000シリーズのケースは、堅牢かつコンパクトに設計されています。ケースの左側にモジュールを拡張することはできません。CX8000シリーズ製品は、プログラム可能なフィールドバススレーブとして主に使われています。CX5000シリーズ製品では、マスタまたはスレーブのインターフェイスをオプションで選択できます。EtherCATで統合することで、さまざまな拡張が可能になります。EtherCATターミナルには、マスタ/スレーブフィールドバスや通信インターフェイスが用意されており、EtherCAT経由で様々なフィールドバスシステムと接続できます。

 

 

ソフトウェア

CX組込み型PCは、TwinCATオートメーションソフトウェアと一緒に使うことで、IEC 61131-3準拠の高性能PLCとして動作し、モーション制御タスクも行えるようになります。必要なサイクルタイムに応じて、複数のサーボ軸を制御することができます。CX1010、CX5010、CX5020、CX1020、CX1030、CX20x0で、フライングソー、電子ギアボックス、カムプレートなどの特殊機能も実現できます。CXは、1台のハードウェアでPLC、モーション制御、ビジュアライゼーションなどを行うコントローラとして動作します。リアルタイム性能を持つWindows CE環境では、高級言語で記述された複数のユーザタスクをTwinCATを使ってリアルタイムに並行して実行できます。

 

 

様々なアプリケーション

産業用PC制御のデザインと機能を採用した組込み型PCは様々な用途で利用できます。生産設備(自動切断機、自動組み立て装置、紙裁断機、スクリュードライバ制御、包装機、板金加工、機器制御)、プロセス制御(水処理、発電、森林伐採)、ビルディングオートメーション(ルームコントロール、入退室管理)などの分野で利用されています。

logo-intel-technology-provider-gold-2011.jpg